二重整形術「埋没法」であなたの魅力をさらに引き出そう!

男性

手術後の様子

二重まぶたにするための二重整形方法の一つである埋没法の術後の経過ですが、腫れにくい人や腫れやすい人など術後の経過は人によって多少違います。通常、埋没法による腫れや内出血などは1週間程度で 90%以上なくなってしまいます。

詳しく見る

医者

心配やリスクについて

どのような手術であっても 100%の成功率というものは存在しません。これは比較的手軽にできるといわれる埋没法についても同じです。もし埋没法による二重整形は失敗してしまった場合にはどのような症状があるでしょうか

詳しく見る

医者

術後の痛み

二重整形のための埋没法を行う際に、よく手術の傷について質問されることがあります。当然、手術の傷は怖いものです。手術中や手術後の痛みは心配するほどのものではありません。手術の初めにほんの少しだけチクっとするくらいです。

詳しく見る

顔に触れる女性

痛みについて

二重整形をしたいけど、痛みが気になると言う場合には麻酔注射を導入しているクリニックを受診しましょう。そうすれば、リラックスした状態で整形手術に挑むことが可能です。

詳しく見る

埋没法の基礎知識

顔に触れる女性

どんな整形術か

埋没法とはメスを使用せずに(つまり切らずに)医療用の針と糸を使って二重まぶたを作る手術のことをいいます。埋没法に使う人の細さは、髪の毛よりも細い医療用の糸を瞼の内側から留めるだけの非常に簡単な手術で今大変人気のあるプチ整形実施です。この埋没法はその手軽さとメリットの多さから、非常に人気が出ています。この施術の利点としては、短時間で施術(15分程度) 、ダウンタイムが短いこと、抜糸ができるため、万が一の時にも修正することが可能であること、そして切開法よりも腫れが少ないこと、すぐに効果が実感できることなどの利点があります。 その一方でデメリットとしては二重まぶたにするために糸によって留めるため、何かあったときなどに糸の結び目が解けてしまうと、折角綺麗な二重まぶたも元に戻ってしまう可能性があるということです。

その仕組みと方法

二重整形の一つである埋没法の仕組みは、目を開ける時に動く筋肉と皮膚を糸によって繋ぐことによって、目を開ける時に皮膚が糸にひっぱられてまぶたが二重になると言う仕組みです。その手術方法は一般的な方法であれば、まぶたの上の皮膚に1ミリ程度の穴を開けて、そこから糸を埋め込みことによって、手術を実施します。その手術時間は10分から20分程度と短時間で終わってしまうため、プチ整形の中では4人気があります。埋没法によって二重まぶたになるためには、目を開ける力とその皮膚の厚みが大切になるわけですが、埋没法の適応はこの2つの要素が大きく関係するのです。