二重整形術「埋没法」であなたの魅力をさらに引き出そう!

痛みについて

顔に触れる女性

痛みを和らげる法

どうしても痛みに弱いような方は、二重整形のための埋没法手術の痛みを和らげる対策をとっているクリニックを選択することも1つの手です。例えば、麻酔注射の痛みを和らげるために、事前にまぶたに麻酔クリームを塗ることによって、麻酔注射の痛みを和らげてくれるクリニックもありますし、あるいは麻酔の注射の針を極細に変更することによって、麻酔の注射の痛みを軽減してくれる二重整形のための埋没法の手術専門のクリニックなども存在しています。また、人によっては、痛みよりも恐怖心の方が強いというような人もいらっしゃいます。慣れない手術台に乗せられてしまい、目に対して注射を向けられるというようなことを想像してしまうだけで、恐怖を感じてしまい、結果として痛いような感じがしてしまうものです。恐怖心によって体がガチガチになってしまった場合、麻酔をしても痛みを感じやすかったり、また内出血の原因にもなりますので、麻酔注射を打つときには深呼吸などをして、出来る限りリラックスするように心がけたほうがよいでしょう。

痛みはいつまで続く

二重まぶたにするための埋没法の手術中の痛みも当然気になりますが、手術が終わった後で痛みがいつまで続くのか、というようなことも気になるところでしょう。埋没法の手術直後は、まだ麻酔が効いているため、痛みはありませんが、まぶたがどーんと重たい感じになっていると思います。そして手術後2時間から3時間後には焦りが切れてくるため、痛みが出てきますが、これもいつまで続くかは痛みによって個人差がなります。人によっては瞼がジンジンするけれど、痛み止めなどは飲まなくても平気という患者さんも少なくありません。何かのきっかけでちくちく痛いと感じる方もいらっしゃいますが、痛みには強い方であっても、おおむね2日か3日で痛みはなくなっていきます。どうしても我慢ならないほどの痛みが強い場合には、病院で処方される痛み止めを飲んで対処しましょう。また瞼を冷やすことによって痛みが消えたという患者さんもいらっしゃいますが、瞼を冷やす場合には、手術の傷には触れないように少し上で、冷やすようにした方が良いでしょう。冷やす場合も、幹部がキンキンに冷たくなるまで冷やさないように気をつけましょう。二重整形のための埋没法の手術をした後で、痛みは何週間も続いたという患者さんは居られないと聞いていますが、それでも痛みがいつまでも気になる。あるいは、なんだかおかしいと感じた場合にはすぐに、手術を受けた病院に問い合わせるようにしましょう。